ルーツタイム

Roots Time

先週土曜に映画「ルーツタイム」見てきました。
内容はいつものごとくはしょります。というかジャー・ブルとバブー2人の掛け合いだけで十分惹きこまれる世界がそこにあった。
スターウォーズのC-3POとR2-D2というか隠し砦の三悪人の百姓(名前覚えてないんで調べたところ太平と又七)をも上回る勢い。「ロッカーズ」と同様に内容よりも魅力的な人間が先に立ってしまう。そんなキャラ立ち過ぎなラスタに激リスペクト!
しかし、大阪初日の最初の時間に行ったけど、、周り見たら見に来てる人10人いませんでしたよ(笑
自分ら2人で行ったけど含めて6~7人て感じ。こんな少ないのは初(笑
写真はチラシ&パンフレット。

話変わって映画絡みでもう一つ先週月曜にも映画見たんですがそれは「ロンドンコーリング」!
クラッシュのジョーストラマーの生涯を綴ったもの。いやぁやっぱりクラッシュかっこええね~。初期パン聴いてた当初クラッシュよりもピストルズやダムドのほうが好きやったんですが、後に逆転しますねクラッシュ。そして今聞きなおしてますますカッコイイねクラッシュ。
ジュニアマーヴィンの代表曲「police and theives」を最初に聴いたのはクラッシュのカバーって人です。ハイ自分。

で、先週はクラッシュ結構聴いてました(笑
ついでにジャマイカンミュージックを聴くきっかけとなるもう一つのバンド「THE SPECIALS」も聴きなおし。

てことで先週はUKに始まってJAに引きもどされる一週間でした。
しかしイイ映画よなぁ。2本とも。

page top